外国人との交流で英語も学ぶチャンスのある沖縄ダイビング

ダイビングにハマっている人は沖縄が定番の行き先となっています。海外のダイビングスポットと並んで人気なのが沖縄ダイビングなのです。謎の海底遺跡や洞窟の多い沖縄がダイバーから愛されるのは当然と言えるでしょう。

しかし実は、沖縄ダイビングには他のメリットがあります。それは外国人が多いことです。米軍基地があることもあり、多くの外国人がダイビングを楽しんでいるのが沖縄の特徴です。ダイビングをしていると同じダイバー同士で仲良くなります。

外国人ダイバーは基本的に英語を話しますので、仲良く慣れば英語の練習をすることもできてしまうのです。ダイビングをツールとして、外国人との接点を作ることができるので、英語の会話スキルを高めたいと思っている人は、沖縄でダイビングをするメリットが大きいのです。

レスキューの練習をしたことがある人なら、二人一組になって救助活動の訓練をどこかでみたことがあると思います。もしこういった経験があるなら、外国人とバディを組んでレスキューの練習をしようと提案をすると非常に喜ばれます。映画「海猿」でもダイビングで救助活動をしているシーンが映され、ダイビングができる男性はカッコイイというイメージがついています。今よりもワンランク上の男を目指す人は、ダイビングの技術をマスターし、さらに英語もペラペラになってモテ男に変身することを強くオススメします。